フェルデンクライス広島ブログ

介護予防・心体の不調・不安にお悩みの方、パフォーマンスの向上を望まれている方に!

床ずれ防止と拘縮予防に、ポジショニングを導入したらそれで安心していませんか?

ポジショニングという言葉が
最近よく聞かれるようになりました。
「ポジショニングの目的」で検索すると、


・床ずれ(褥瘡)の予防
・拘縮予防、改善


この2つがダントツで出てきます。


私のブログでも、ポジショニングと
セットでこの言葉がよく
検索されています。

以前の記事でもポジショニングについて
書きました。

床ずれ床ずれ、拘縮予防のために入れてある
そのクッションは本当に予防できているでしょうか?

 

確かに、ポジショニングを導入すると、
床ずれ(褥瘡)、
拘縮(関節が硬くなっている状態)の
予防や改善にはなると思います。


2か月に1回開催される学習会でも、
ポジショニングで患者さんの

筋緊張が緩和した、
床ずれ(褥瘡)、
拘縮(関節が硬くなっている状態)が
よくなってきたという
お話はよく聞きます。


f:id:feldenhiroshima:20160804234720j:plain  f:id:feldenhiroshima:20160804234756j:plain

上の写真はポジショニング
導入前と後の写真です。

この方はポジショニングを
導入してから膝関節が伸びるように
なりましたし、体の捻じれも
徐々に改善してきました。

筋肉の緊張がなくなった、
リラックスできるようになった
まではいいのですが、
これで終わりなのでしょうか?

今回は私なりのポジショニングの
目的について考えてみました。


そもそも、何で床ずれ(褥瘡)や
拘縮(関節が硬くなっている状態)って
起きてしまうのでしょうか?

色々な原因は考えられますが、
一番はやはり動きが少なくなること

もしくは、
動く環境を提供されていないこと
だと思うのです。


動きが少なくなることは、
患者さんの状態が大きいと思いますが、
現場でよく見られるのは
動く環境を提供されていない状況です。


これは関わる側、つまり
医療者や介護者側の問題
だと思うのです。



ポジショニングを導入して、
患者さんの筋肉の緊張を緩和させた!
床ずれ(褥瘡)が治った!
そこまではいいですが、
それで終わりなのでしょうか?
それで終わっていたとしたら・・・


大変もったいないことを
しています!!


例えば寝返りはどうしていますか?
オムツ交換では一番使う動きですよね?


例えばこんな寝返りの介助だと・・・

f:id:feldenhiroshima:20160808102351p:plain



せっかくポジショニングで
筋肉の緊張が緩んだ、
関節が動きやすくなったとしても
全く生かされていませんよね?

ポジショニングを導入しているにも
かかわらず、寝返りなどの

動きの介助は全く変わってない

という現場は多いのです。


上の介助方法だと
股関節や膝関節は動かしていませんし、
足底(足の裏)で床を押すことも
していません。



赤ちゃんの寝返りを見てください。

f:id:feldenhiroshima:20160808100943j:plain

ちゃんと左足を使ってます。
股関節や膝を曲げていますし、
足の裏で床を押しています。
両腕も寝返るために使っています。
これが人が本来持っている動きなんです。


患者さんが膝立てができるなら
立てましょう。
足底(足の裏)をつけて
床を押す動きを助けましょう。


私が思うポジショニングとは、


動きを引き出すための
準備運動


のようなものだと思っています。


体を安定させ保持するだけ
ではありません。
除圧や体圧分散するだけ
のものでもないのです。


ポジショニングで日頃から
関節や筋肉の緊張が減れば、
寝返りや起き上がりは
随分とラクになります。


上の写真の赤ちゃんのような
寝返りを提供されていれば、
股関節や膝は常に使う機会を
与えられるし、

足底(足の裏)で床を
押すので足首も動かします。

拘縮(関節が硬くなっている状態)や
尖足(つま先立ちの状態)は
改善してくるでしょう。


ポジショニングだけで終わってしまって、
動く環境を提供されていなければ、
せっかくの成果が薄れて
しまうような気がします。


わずかでも患者が自ら動くことができれば、
動く環境を提供されていれば、
床ずれ(褥瘡)や
拘縮(関節が硬くなっている状態)の
リスクは減ってくるはずです。


ポジショニングで効果が得られたら、

必ず動きを提供することを

次に加えてほしいなぁ~と思います。



こちらもよろしくお願いします。

f:id:feldenhiroshima:20150605140219j:plain~1月のレッスンのお知らせ~f:id:feldenhiroshima:20150605140219j:plain

◆個人レッスン(ハンズオン)
  個人レッスンスケジュール 
   1月の個人レッスン 
   
◆スペーシアでのグループレッスン
 1月28日(土)
  14:00~16:00
 


フェルデンクライスメソッドのレッスンについて

フェルデンクライスメソッドって何?

フェルデンクライス広島ホームページはこちらから

f:id:feldenhiroshima:20150726095806j:plain

お申込み・お問い合わせ

070-5673-1498 
仕事中にて電話に出られないことがあります。
ご用件を留守番電話のメッセージを残していただくと
スムーズに対応できますのでよろしくお願い致します。
メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォーム よりどうぞ
*メールフォーム送信後、2,3日経っても返信がない場合は
 再送信していただくか、電話にてお知らせください。

ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。

 

にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ
にほんブログ村