読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェルデンクライス広島ブログ

介護予防・心体の不調・不安にお悩みの方、パフォーマンスの向上を望まれている方に!

たった1つの動きを変化させると、他の動きにも変化が起こる

フェルデンクライスメソッドで
ある施設に関わっているのですが、
ある日、そこの利用者さんから
声をかけられました。

彼女は片麻痺で、1日中車椅子で
過ごされている方です。

f:id:feldenhiroshima:20160811082413j:plain


私が廊下を歩いていると、

「車椅子に座っている姿勢が
 よくないように思うので、
 これでいいかどうか
 見てもらえませんか?」

と声をかけられました。

彼女の姿勢をみると、
明らかに仙骨座り(滑り座り)を
していて車椅子もこぎにくそうです。

座り直しのやり方だけ
アドバイスしたのですが、
後日様子を見に行くと
驚くべきことが起こっていました。


そもそも、仙骨座りって
どういう状態なのか?


下の写真、問題なく座っているように
見えますが・・・

f:id:feldenhiroshima:20160805002208j:plain

お尻と背もたれのところに
隙間が空いているの分かりますか?
実は、お尻全体が前へ滑って
ずり落ちて座っています。

f:id:feldenhiroshima:20160805002223j:plain

これが、仙骨座りという座り方です。

写真では、骨盤が後ろに傾いて
お尻全体が前へ滑った状態で
座っています。


元気な私たちでもソファーに座ったり、
電車などで背もたれにもたれかかると
こういう座り方しますよね?

f:id:feldenhiroshima:20150505142533j:plain
 図解入門よくわかる股関節・骨盤の動きとしくみ
              ~著者: 國津秀治 ~

この座り方を続けていると、
活動性がどんどん低下してしまいます。

仙骨座りの解決策として・・・

・シートの形状を整える
・フットサポートや
 アームサポートを調節する
・滑り座りを助長するような
 リクライニングではなくティルトにする

など、車椅子の環境を調整すること
から問題を解決する
という方法もありますが・・・


今回は
フェルデンクライスを取り入れて

動きを使って変化させる

という方法でやってみました。


彼女は動ける方だったので、
まずは座り直しの方法を教えました。 

f:id:feldenhiroshima:20160805000541j:plain

前かがみの姿勢をとらせ
お尻を片方づつ移動させて
車椅子の奥に深く座るようにします。

座面がたわんでいたので、
動きやすくするために
座面の調整も行いました。

最初はこの座り直しだけを
教えたのですが・・・
彼女はこの動きをずっと
練習していたようなのです。


2週間ほど経ったところ、
また彼女に廊下で会いました。

様子を聞くと車椅子がこぎやすくなって
ラクになったとのこと・・・

でも、それだけではなかったのです!

できなかった寝返りが、
できるようになった

と言うではないですか!


寝返りをしているところを
見せてもらうと、ぎこちなさは
ありましたができています!

ぎこちなさの原因は
柵を腕で引っ張ることで
寝返りをしているからでした。
すごく力を使っていたのです。

まずは彼女がどこに
力を使っているか?
に気づいてもらいました。

ここはすごく大事です!

自分がやっていることに
気づいて初めて
修正はできるのですから・・・


次に、腕に頼らず
足を使って寝返る方法を
提案してみました。

すると、腕に力を入れて頑張る
必要がないことに彼女は
気がつきます。

「こうするとラクにできます」

とビックリしている様子・・・

ということで、次回までに
練習してもらうことにしました。


また何週間か経って彼女の様子を
見に行きました。

すると、ちゃんと足を使っています。

f:id:feldenhiroshima:20160805000713j:plain

f:id:feldenhiroshima:20160805000611j:plain

良い方の足も麻痺側の足も使って
マットを足裏で押すことで
寝返りをしています。

寝返りのために力を使っていた腕は
方向付けをするために使うことに変わり


以前のように腕や肩が痛くなることも
なくなったようでした。

麻痺側の膝や股関節も以前より
曲がるようになりました。
なのでよりマットを足裏で押す動きが
やりやすくなりました。

この寝返りができたことで・・・

f:id:feldenhiroshima:20160805000632j:plain

頭の上方に移動することも

できるようになったのです!


以前の彼女は
自分で上方にあがれないので
枕を引き寄せていたようで
いつも体が下の方にずれたままのことが
多かったようなんですね・・・

車椅子で移動できているにも関わらず、
ベッド上では自分で寝返り1つ
出来ない方は意外と多いのです。


ところで・・・
皆さん、お気づきでしょうか?


 車椅子での座り直し
  
 寝返り
  
↓  
 上方への移動


これらは同じような
体の使い方をしています。


だから1つの動きが変化することで
他の動きも良くなったのです。
それは何でしょう?

彼女については
まだ続きがありまして・・
スタッフもびっくり!
なことが起きたのです。

長くなったので今回はここまで・・・

↓続きはこちらからどうぞ↓

たった1つの動きを変化させると、
他の動きにも変化が起こる~その2~

 


こちらもよろしくお願いします。

f:id:feldenhiroshima:20150605140219j:plain8~9月のレッスンのお知らせf:id:feldenhiroshima:20150605140219j:plain

◆個人レッスン
  水・木・土・日曜日
   * 月曜も可能な日あり 


ご都合の良い時間を
お知らせください。

◆スペーシアでのグループレッスン
 8月27日(土)
   14:00~16:00
 9月24日(土)
   14:00~16:00


フェルデンクライスメソッドのレッスンについて

フェルデンクライスメソッドって何?

フェルデンクライス広島ホームページはこちらから

f:id:feldenhiroshima:20150726095806j:plain

お申込み・お問い合わせ

070-5673-1498 
仕事中にて電話に出られないことがあります。
ご用件を留守番電話のメッセージを
残していただくと
スムーズに対応できます
のでよろしくお願い致します。

メールでのお問い合わせはこちらの
メールフォーム よりどうぞ
メールフォーム送信後、
2,3日経っても返信がない場合は
再送信していただくか、
電話にてお知らせください。


ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 健康ブログ フェルデンクライスメソッドへ
にほんブログ村